借地権って何?

これから人生最大の夢、マイホームを建てようと計画を建てている方がいらっしゃると思います。
しかし、マイホームは建物自体の購入だけを考えるものではありません。建物を建てるための土地が絶対必要となります。しかし、人気がある土地や便利な土地は地価が高く、自身での購入はまた夢の夢となり諦めてしまう方もいるでしょう。しかし、そんな時に「借地」というものを知っておくと夢の第一歩に近づけるのではないでしょうか。

ここで押さえておかなければならないのが「借地権」というものです。これは、土地の所有者からその土地を借りるというものであり、固定資産税などを負担する必要がない代わりに所有者に対して毎月「地代」を支払います。さらに、所有者から土地を借りているけれども、建物は自分のものであるためにその土地を優先的に継続して借りることができるという権利です。
この権利は、国により定められている法律であるため、ある日出て行けといわれていても、その土地を借りている人の権利を保証してくれるものです。

そして、この権利を保証してくれる法律は、「借地借家法」といい、平成4年に改正されています。現在では、改正前に契約したもの(旧法)と改正後に契約したもの(新法)が混在しており、今後借地権が絡んだ不動産を売買する場合には、旧法・新法のどちらに基づいた借地権なのかを確認しなければなりません。それは、旧法と新法では大きな違いがあるためです。

Copyright © 2014 改正された借地法とは? All Rights Reserved.